BUSINESSマッチングサイト 威海ナビ

威海市について

威海市は山東半島の最東端にあり、三つの方面から海に囲まれ、一面は陸地に接しています。威海の管轄下には環翆区、文登区、栄成市、乳山市、威海ハイテク産業開発区、威海経済技術開発区、威海臨港経済技術開発区および威海南海新区があり、全市の陸地面積は5797平方キロ、常住人口は281.9万人です。

威海は千キロ近い海岸線があり、全省の3分の1、全国の18分の1を占めています。養殖可能な海2域面積は2万ヘクタールに達し、水産物の年間生産量は、48.5万トン以上を維持する状態で長年連続で全国各市のトップになっており、ナマコ、アワビ、クルマエビ、昆布および稀少魚類の重要産地です。また、停泊可能の港湾を30か所以上持ち、400万トンの積載量に達しています。国家の船舶輸出基地と確定され、国家一類開放貿易港が四つ、一類開放作業区を十つ持っています。

気候や環境は良く厳寒や猛暑も少なく、四季がはっきりしており環境指標も問題ありません。観光資源が豊富で、劉公島という5Aクラスの観光スポットを二か所、4Aクラスの観光スポットを8か所、質の良い地下温泉を8か所有しています。中国の「国家衛生都市」、「国家環境保全モデル都市」、「中国優秀観光都市」、「国家森林都市」でもあり、「国連ハビタット賞」の受賞都市でもあります。「青いリゾート都市、世界的な住みやすい都市」というブランドを作ろうとしています。

威海市の既存外資系企業は1,380社となっており、海陸空交通ネットワークは利便性が高くインフラも十分に整備されています。水道、電気、ガスなどの関連施設も同様です。省級以上の開発区が12個あり、プロジェクトを受け入れる力を十分に備えています。韓国に最も近い中国都市であり、1990年に中韓間の初航路を開通し、現在韓国への海上線路を5本、空中航路を2本有しています。韓国から受け入れた資本は外資の半分を占めており、韓国向けの輸出総額は全市の3分の1を占めています。

また、威海市は新興の工業都市であり規模以上の工業企業を1,860社を持っています。電気機器、交通運輸設備、電子情報、アパレル、海洋食品、機械化学工業などの中堅産業を形成し、全国最大の釣り具、タイヤ、絨毯、医療用高分子製品、医薬用高分子製品、専用プリンター、手工工具などの生産基地です。全市には上場会社を16社があり、中国の名を馳せる商標を35個、山東省著名商標を111個、中国ブランド製品を19個、山東省ブランド製品を186個有しています。

ハイレベル人材集積地、産学研結合密集区、技術成果転換区の建設をめぐり、連続6年間で「自主革新年」という活動を開催し、市政府はすでに高等学校を16校と産学研提携戦略協力関係を結び、長期的な合作関係を持つ院士は48名です。産業技術革新戦略連盟8個を結成し、全市には省級以上の研究開発機構を287個、国家級のは3軒あります。巨型工事用ラジアムタイヤプロジェクトは国家科学進歩一等賞を獲得し、拓展繊維、心臓ステント、血液透析器など数多くのプロジェクトは威海で産業化を実現しました。ハイテク産業の生産高は工業総生産値に占める割合は40%に達しています。

2016年の市内総生産は、3212.2億元、公共財政予算収入260.5億元で市や鎮の一人当たり可処分収入は39363元、農民の一人当たり純収入は17573元となっています。全市民をカバーする厚生福祉や救助体制は徐々に完備し、各社会事業は全面的に推進しています。中国の思いやりあり都市、義務教育均衡発展先進都市、文化体制改革先進地区、文明都市創建都市、全国治安総合管理優秀都市と評価されています。

「千里海岸線、一枚山水画」――世界一周回っても、やはり威海でなきゃ」
この言葉の通り、観光客好きの威海市民は皆様の来訪をお待ちしております。