BUSINESSマッチングサイト 威海ナビ

臨港経済技術開発区

面積及び位置関係

計画面積が296平方キロメートル、威海市市街地の中心に位置する。

人口数

13万人

交通状況

空路:
  臨港区周辺には、車で2時間以内の距離では国際空港3箇所ある。車を利用する際、威海空港より20分、煙台空港より90分、青島空港より120分が必要とする。うち、威海国際空港には韓国ソウル行きの航空ベンは周に28便、台北行きの航空便は週に一便が運行している。また、威海よりソウルまで飛行時間は45分で、ソウルのインチョン空港経由で世界各地へアクセルすることが可能になる。
航路:
  臨港区周辺には中国一類貿易港が5つある。威海港より10キロ、龍眼港より25キロ、石島港より40キロ、煙台港より70キロ、青島港より200キロ離れている。また、威海市には海上運輸航路が27本あり、各港の貨物年間取扱量が7000万ドンを超え、コンテナ取扱量が100万TEU以上となる。
  山東省は中国「一帯一路」イニシアティプの海上戦略の支点と新ユーラシア大陸ブリッジ経済回廊沿線の重要地域と認識されている。威海市は東北アジア海上航路のターミナルとして、非常に優位性をもっている。威海港グループが開通した航路一鉄道連合運輸の新たなルート3本が運営し始めた。
①南行きの広州線
②広州経由でベトナムのハノイ行きの「韓一威一越」線
③西行きの威海港よりドイツのデュースブルク、ハンブルク行きの中欧班列、威海より中央アジア行きの中亜鉄路が開通された。
中欧班列:
  全長1.1万キロで、走行時間は15日から18日、海運より10日間以上も短縮、運賃は空輸より80%も减少、流通コスの面で優位性を持っている。中欧班列の開通が韓国・日本、中央アジア、欧州行きの最も便利な貨物運輸通路を開いた。
高速鉄道:
  臨港区は威海鉄道駅、都市間高速列車の中心駅より車で10分以内におさめることができ、北京、上海、済南、徐州、武漢等の都市への直行列車が運行している。
青島一栄成都市間高速列車の全線開通により、威海は青島と煙台との間に1時間経済圏」が形成され、全国高速鉄道運輪網と繁がっている。
莱西一栄成高速列車の開通により、威海は済南行きの列車が2時間も短縮できた。これで山東省省内の「2時間交通圏」が形成された。
環渤海高速列車の潍坊-煙台間の鉄道の建設により、威海より北京行きは3時間しかかからない。
道路:
  車で臨港区より市街地まで、20分以内におさめることができる。青島一威海高速道路、省道303、省道202、省道204、省道201、疎港路等数多くの道路幹線が区内の主要道路と交通網ができ、周辺都市及び港への快速道路が形成された。

産業状況

一、外資投資額は1億元と千万ドル以上のプロジェクトは120個を超え、先進的な製造業を優先的に発展させる。現在、新材料及び応用、機電装備、電子情報、生物医薬食品を代表とする製造業を形成している。
代表企業リスト:
威海拓展繊維有限公司(国家級炭素繊維産業化基地、炭素繊維調整及び工事化国家工事実験室)
HOYA光電科技(威海)有限公司(世界で有名な光学材料製造メーカー日本HOYA株式会社が投资した企業)
三角株式グル一ブ有限公司(中国優秀なタイヤ生産企業、全世界のタイヤ業界ランキング第12位)
山東威達グループ(世界最大なドリルチャック製品生産企業)
MARQUARDTスイッチ(威海)有限公司(ョーロッパ最大な電動スイッチ製造メーカードイツMARQUARDTグループが投资した)
国光電工(威海)有限公司(世界最大な車用マイクロモータカーボンブラシ生産メーカー日本国光炭素工業株式会社が独資で投資した)
WEGO生物科技グループ(中国最大な医療器械生産企業)
二、臨港区は自然資源と環境の優勢に基づいて、レジャー観光産業を発展する。
  スポーツ・健康養生エリアは、山東半島における最も良質な温泉リソース「洪水嵐湯」を活用し、建設されたものである。27ホールゴルフ場及び温泉旅行、レシャー施設が建設され、臨港区に進入している外国投資者のために、便利なビジネスレジャーサービスを提供している。
  中西部レジャー観光農業エリアは、威海市内に唯一一定規模の持つグリーン生態観光区として、科学研究、栽培、観光レジャーを融合させ、威海植物園、農業文化の体験パーク、釣りセンター、ワイン酒蔵等の特徴のある生態レジャー施設が建設された。
  臨港区市民スポーツセンターは、グローバルスタンダードのサッカー場、かご式テニス場、合成樹脂・ライトのバスケットボール場、野球場、ゲートボーレーポール場、卓球場が整備されている。うち野球場が山東省初のソフトボールのトレーニング基地であり、前後して中韓国際野球友好試合、山東省全民運動会ソフトボール試合、山東省ソフトボール選手権大会、中国大学生ソフトボールリーグ戦山東決勝戦等のハイレベル試合が開催されている。
三、威海「全域都市化、市域一体化」という核心プレート、都市機能エリアの開発を推進している。
  「一河二岸」という都市核心機能エリアと行政・金融・商務区等の幾多の都市機能エリアにいては、公共サービス、金融サービス、貿易、住居、娯楽等の生活サービスエリアが整備されている。

商業施設

万豪国際ホテル、昀卓ビジネスビル、威海観瀾国際ホテル、威高国際健康城(温泉・娯楽)、威高ショッピングモール、華星氷上競技センター、威高天安温泉ゴルフクラブ、威海威豪国際酒荘、金陽光自動車展覧城、中国釣具之都・博覧城、韓日商品市場、天潤家具城、威海植物園など

教育施設

小学校(苘山小学校、汪疃小学校、黄岚小学校、草庙子小学校)
中学校(苘山中学校、汪疃中学校、威海市第十四中学校)
港区の実験学校に臨みます(小学校、中学校)
高校(威海市重点高校第四中学校)
中世国際学校(国家教育部特選外籍学歴教育学校、幼稚園、小学校、中学、高校)
専門学校(臨港区高級技師学校、専門育成企業に必要な技術型人材)

GDP

2018年国内総生産:90.10億元

発展戦略

「産城インターアクション、三生共融」の発展理念を堅持し、産業構造を最適化し、持続的な発展を求め、産業規模の優位性がある、高経済成長企業を育成し、優先的に発展する。区内製造業の実力と競争力を高めて、工業経済は高品質の発展を実現する。
(一)2020年まで、規模以上の工業企業の売上と利税は倍に増加し、工業企業の売上は380億元に達し、利税は30億元に達する。年に工業技術の改造投資額は15%以上を増加する。一団の先頭企業を形成し、売上が1億元以上を超える企業が40社に突破し、規模以上の工業企業数は120社を超える。科学技術の創新を推進し、企業の創新能力を強化し、製品の競争力を向上させる。革新プラットフォームの数、ハイテク企業の数は倍に増加し、R&D経費の比率は0.5%に向上させ、科学技術の人材は“質”と“量”の向上することを実現して、企業の長期な発展するために“航続力”と“駆動力”を蓄える。省エネ工業を推進する、先進的な省エネ・環境保護技術、クラフトと装備を強普及して、省エネ製造モードを推進し、省エネ工業の改造を加速して、工業の低炭素化、循環化、集約化を促進する。工業企業の能源消費を低下し、1万元GDPのエネルギー消費は年均3%減少することを目指す。
(二)産業のクラスターの優先発展は目標となる、企業は産業チェーンをめぐって、附属産業、産業群集効果を発揮する。新材料及び応用産業、機電装備製造、電子情報産業、生物医薬食品産業、運動康養産業、農業観光レジャーの6大産業クラスタを発展させる。

外資企業運営状況

臨港区内の外資企業は80社以上を超え。2008年から、11年間で実際に利用した外資額は約10億ドル。代表企業リスト:豪雅光電科技(威海)有限会社【日本】 山東新高工業有限会社【日本】 国光電工(威海)有限会社【日本】 K2スポーツ用品製造(威海)有限会社【アメリカ】 Marquardtスイッチ(威海)有限会社【ドイツ】 宇信精密装配有限会社【韓国】 威達レム精密鋳造有限会社【ドイツ】 デンマーク株丕特巴赫複合材料有限会社【デンマーク】

PRポイント

  威海臨港経済技術開発区は国務院の許可を受けた国家レベルの経済技術開発区で、威海市市街地の中心に位置しする。また、計画面積が296平方キロであり、中韓FTA地方経済協力開放実験区の核心区、「中国べストな総合力の持つ開発区」、「山東省の省エネ経済開発区べスト10」、山東半島ブルー経済区における主要ハイテク産業集積区、威海市重要な経済成長原動力と現代化産業のニュータウンでもある。
 臨港区内は威海国際物流パークと順豊威海電商産業園が建設された。国際物流バ一ク内には、蔵置流区、国際振り分けエリア、速達物流区、低温物流区、総合サービスエリアという五つ機能エリアに分けられる。これが区内及び周辺の企業に高設、運輸、加工、貿易、貨物代理、情報と金融サービスを一体化させた全体的な物流サービスを提供できる。順豊威海電商産業園はオフィス及び附属サービスセンター、インテリジェント倉庫、速達センターという三つ機能エリアが建設されている。速達物流、知能雲倉、商業貿易金融、Eコーマス運営などのサービスを提供し、速達物流の中継、倉庫配送、供給チェーン金融、運営管理などの総合性、インテリジェント化のEコーマス産業チェーンのサービスプラットフォームを構築し、威海市のEコーマス産業クラスタの発展に重要な基礎施設となっている。現地の工業製品、農産物、韓国商品の集散、日用雑貨の輸出、国際海運速達などのサービスを提供する。威海税関は休日なしの通関制度、威海港は365日通関を実施している。国検部門(中国質量・技術監督部門と中国輸出入検査・検疫部門の通称)が「電子申告、電子管理・監督、電子通過」システムを活用している。通関スピードは全国一位。
  山東半島でインフラ建設水準が最も高い開発区です。道路、雨水、汚水、水道水、天然ガス、電力、水蒸気、通信、有線テレビ、ブロードバンドなどのインフラが完備している。区内に220KVの変電所が1ヶ所、110KVの変電所が3ヶ所、35KVの変電所が3ヶ所完備されており、山東半島で電力供給が一番安定した地域。ガスの供給は完備している。水の供給量は一日20万㎥メートル。
  臨港区周辺には山東大学威海キャンパス、ハルビンエ業大学威海キャンバス、北京交通大学威海キャンパス、ハルピン理工大学栄成キャンバス、山東交通学院海運学院と威海職業学院等の総合大学9校及び臨港区技術職人学校がある。在学者数は80000人近く、各種類の専門学校と外国語学校が40箇所ある。威海職業学院は中国国家レベルのハイレベル職業教育モデル学校である。現代化弟子制モデルと産学連携経営モデルを活用し、オーダー式クラスを設置し、幾多の起業と共同でインターン基地を立ち上げている。
  臨港区は公共サービス、金融、教育、スポーツなどの生活インフラ整備が整っている。住居、ショッピング、饮食、娯楽などの生活サービス施设が充実。北京病院威海分院は三級甲等総合病院。威海中世国際学校は国家教育部の許可を得た外国学歴をもらえる学校。WEGO天安温泉ゴルフクラブプロジェクトは国際標準の27ホールと標準108打のゴルフ場で、国内初のダブルグリーンデザインを保有している。臨港区の公共交通は全域カバーを実現できた。威海市全域交通の中継ターミナルであり、中心的市街地と周辺地域へのアクセスが良く優れている。 

今後の展望

  臨港区は新材料とその応用産業、機械と電力設備製造産業、電子情報産業、バイオ医薬・食品産業及び運動・健康養老産業・レジャー観光農業の六大の産業クラスターの発展を推進している。その他、都市開発プロジェクトも推進している。臨港区は全域都市化、市域一体化の核心位置にある。計画人口は50万。地理・交通上の優位性と魅力に満ちる海浜景色を生かし、生活住居、公共サービス、生産サービス、生態レジャー等の都市開発及び附属プロジェクトの発展を促進させる。

外資企業支援政策

<<山東省重大外資プロジェクトの導入に関する奨励政策の実施細則>><<威海市人民政府拡大開放外資誘致を促進する意見>>

外資企業人材支援政策

1 .プロジェクトが高級管理者や修士以上の高学歴従業員などの高度人材を雇用するとき支援を与えている。
2 .世界500強企業、世界各産業の先頭企業の投資プロジェクト、または山東省新旧動能転換庫を入選したプロジェクトには、高学歴従業員の技能訓練に対して奨励する。

産業支援政策

  新材料製品及び応用、生物医薬及び高性能医療機器、電子情報、ハイエンド装備自動製造4大産業を重点支援し、高技術レベい、投資規模が大きい、産業牽引の効果が強くのプロジェクトを優先的に支援する。プロジェクトの外資実際入金の金額によって、プロジェクトに適切な財政支援を与える。技術のレベル、投資規模、産業牽引の効果などの要素を結び付けてプロジェクトの支援金額を確定する。

プロジェクト名

特色を持つパーク― 力ーボンファイバー産業パーク

プロジェクト主旨

国家の炭素繊維及び材料産業基地として位置づけし、国家のカーボンファイバー技術革新センターを設立した。

プロジェクト内容

威海臨港経済技術開発区に位置し、計画面積は約2.44平方キロメートルで、地域の特色ある産業の優勢、業界を照準した高度な計画を策定して建設した現代産業団地で、国家の炭素繊維及び材料産業基地として位置づけし、国家のカーボンファイバー技術革新センターを設立した。カーボンファイバーなどの新素材事業を巡り、産業チェーンの誘致を進めている工業団地では、入居プロジェクトのため、国内一流のカーボン繊維検出プラットフォームと汎用の専門技術設備を提供するだけでなく、オフィス、仲介サービス、資本支援、マーケティングおよび融資上場などのサービスを提供している。現在、国内カーボンファイバー産業の大手企業、いわゆる威海拓展繊維有限会社を主導に、カーボンファイバー設備・プロセス化国家工学実験室、カーボンファイバー産業計量テストセンターなど10余りの世界トップクラスに入る先端プラットフォームを立ち上げている。その他、産業面においてはデンマークの」JupiterBachグループが投資した先端複合材料生産基地など業界をリードするプロジェクトを多数誘致した。

プロジェクト名

国際革新経済協力産業パーク

プロジェクト宗旨

  面積は約33へクタール。建築面積は39万平方メートル。当パークを「2.5+産業」構想と位置づけ、新興産業の研究開発・育成、イノベーション・デザイン産業、Eコーマスモデル基地、中小企業総部経済、ハイテク移転及びサービスアウトソーシング等の新興産業業態を重点的に発展を図り、新興産業提携の集積区を立ち上げる。 ビル式工場 建築面積は6-8万平方メートル。3、4階の通用型作業場を建設することにより、インテリジェント化、専門化、小型化、省エネルギー、污染ゼロの研究開発及び製造企業のために、「即時入居」できるような都市型工業パークを立ち上げる。

プロジェクト内容

イノベーション・デザイン産業、Eコーマス産業、ホテル、ハイテク移転及びサービアウトソーシング、ショッピングモールなど

プロジェクト名

電子情報産業パーク

プロジェクト宗旨

産業パークの面積は約89へクタール。製造型プロジェクトエリア、研究開発及び技術サービス型プロジェクトエリア、生活補助エリアという三つ機能区に分けている。電子機械製造、新エネルギー製品研究開発・製造、ソフト研究開発・サービス、情報セキュリティー、クラウドコンピューティング、IOT、ピッグデータ、ネットワークスマートシティ、Eコーマス、新エネルギー等の産業を中心に、中国の電子情報産業配置の重要研究開発・製造基地と専門人材の教育・トレーニング基地、東北アジア向けの電子情報サビスのサポート基地を設立する。

プロジェクト内容

コンピューター関連設備・製品、大型集積電気回路の設計とパッケージ製品、通信関連製品、センサー関連製品、ディスプレーとモニター製品等

プロジェクト名

医療機械産業パーク

プロジェクト宗旨

面積は80へクタール。知恵医療、医療機器、設備、器具、体外診断剂及び校正物、材料などの産業を中心に、手術室用設備、ICUシリーズ製品、医療用べッドおよびその他の医療設備製品、検査検出剂、検査消耗品、生産映像などの製品の研究開発、生産販売を行う。

プロジェクト内容

バイオ技術製薬、現代医療装備とその核心部品、新型医療用バイオ材料、海洋サプリメト等。

プロジェクト名

威国際物流パーク

プロジェクト宗旨

面積は95万平方メートル。当パークは山東省に建設された臨港物流センタープロジェクトであり、中韓FTA地方経済協力モデル区による建設された「中韓現代物流産業パーク」、「韓国商品の中国振り分けセンター」でもある。パーク内には、蔵置物流区、国際振り分けエリア、速達物流区、低温物流区、総合サービスエリアという五つの機能エリアに分けられる。これが区内及び周辺の企業に、貯蔵、運輸、加工、貿易、貨物代理、情報と金融サービスを一体化させた全体的な物流サービスを提供できる。 威海国際物流パークは平澤港に3000平方メートルの海外倉庫を持っている。これが韓国における各段階に必要とされる台車、貯蔵、積み下ろし等の物流サービスを提供し、また、生産業者一海外倉庫一韓国港一膠東海運一威海港一物流パーク一エンドューザーへの配送という中韓間の物流サプラーンのために、「ワンストップ」、効率よくかつ低コストの物流サービスを顧客に提供する。

プロジェクト内容

貿易物流、冷温物流、金融サービス、越境貿易など

プロジェクト名

炭素繊維応用産業パーク

プロジェクト宗旨

計画総面積は約24へクタール。威海拓展繊維有限会社の持つ業界における強みを生かし、科学研究ーインキュベーンョンー加速一生産等の完備さなたサービスチェーンど条一炭化一検査一応用ーリサイクル等の完備された産業チェーンを構築する。また、研究とその成果応用化エリア、炭素繊維生産ェリア、複合材料生産エリア、インテリジェント生活補助エリアという四つのプレートに分けている。現在、プロジェクト実験室、プロジェト技術研究センター、産業計量センターという三つの国家認定を受けたプラットフォームがバークに進入している。これが、中国の炭素繊維技術革新センターと中国の炭素繊維及び複合材料の産業基地の建設をスビードアップしている。

プロジェクト内容

炭素絨維、炭素繊維複合材料、高分子複合材料、機能性新材料等とその応用