BUSINESSマッチングサイト 威海ナビ

総合保税区

面積及び位置関係

威海総合保税区は南区と北区という二つのエリアに分けられ、北区は威海都市部の中心に位置し、保税面積0.88平方キロ。南区は国際空港の隣に位置し、1.37平方キロの保税区域を中心として、総面積18.75平方キロの空港経済区も企画されている。

交通状況

総合保税区は威海空港の敷地に隣接し、運転時間5分である。しかも威海港、石島港、龍眼港、南海新港など四つの国家級開放港までの距離は全部30分以内に到着できる。

産業状況

総合保税区が電子情報産業を主導とした先端製造業基地の構築に取り組んだ。現在北区には日月光、世一電子など有名企業が駐在して、その中に沖田鉄工、シビアなどの日系企業もある。日月光会社は当区に31.7億元投資して、年間輸出額27.5億元になり、主な製品は分離式の電子部品。世一電子会社は投資額9.1億元、年間輸出入額15.7億元、製品は携帯、パソコンの回路基盤である。沖田鉄工会社の総投資額は1000万ドルで、主にステンレス製品を中心とする。シビア食品の総投資額は449.6万ドル、主な商品は冷凍たこ、冷凍イカである。

商業施設

違うタイプの企業に適応する現代的工場、倉庫などの施設が企画・設計・施工され、関連区域にはオフィスビル、マンション、ホテル、サービスセンター、研究開発センターなども企画され、企業のニーズに満足させる。

発展戦略

「4211」戦略というのは「国際貿易、現代物流、越境EC、保税サービス」という四つの業態、「海外貿易総合サービス、金融サービス」という二つのプラットフォーム、また一つの「国際商品取引の集積センター」、一つの「電子情報産業を主導とした先端製造業基地」を含む。

外資企業運営状況

2019年1月の中旬まで威海総合保税区の南区に登録した外資企業27社、合計資本金2.12億ドルになる。威海総合保税区の北区に登録した外資企業28社、登録資本金3.69億ドル、投資総額8.63億元になる。

PRポイント

威海総合保税区は威海市における唯一の税関特別監督区域であり、進出した企業が「保税、免税、税金返還」などの政策に適応するほか、自由貿易区域の推進政策を実施することも可能である。指定された保税区域以外に違うタイプの企業ニーズを満足させる生産サービスと生活サービスの関連施設も完備されている。区内、区外を一体化した発展戦略を実施している。

今後の展望

2019年国際貿易、越境EC、先端製造業という三つの方面を中心として、多様化した越境電子商産業センターが本年度の省級重点プロジェクトに入ったきっかけに威海総合保税区を全国における有名な越境電子商産業の集積区域になるように推進事業を行うこととしている。

外資企業支援政策

1.威海総合保税区の賃貸事務所を利用する会社に対して、賃料の「二免三減半」の支援策を講じる。
2.威海総合保税区の南区にある倉庫、置き場及び商品展示取引センターを利用する会社(利用面積は四千平米以下)に対して、総合保税区の国営会社が最恵価格で倉庫の「運営 サポート」サービスを提供して、三年間の賃料も免除することになる。賃貸面積が四千平米以上になる会社に対して、三ヶ月の賃貸保証金の交付を前提として、賃料の「二免三減半」の支援策を講じる。免除される金額の最上限は年間企業の地域経済に貢献する金額を超えないこと。
3.地域経済に貢献する金額は50万元以上、300万元以下になる企業に対して、運営日から連続三年間、企業が交付した地方級貢献金額を参考にして、80%の割合で補助金を受けることができる。地域経済に貢献する金額が300万以上になる会社に対して、運営日から連続五年間企業が交付した地方級貢献金額を参考にして、80%の割合で補助金を受けることができる。

外資企業土地支援政策

固定資産の投入金額が1億元に達した(あるいは口座の着金額が1000万ドル)企業、また建設用地の節約・集約利用の評価と投資強度の企画要求に合う工業企業に対して、優先的に土地を提供し、南区では国家の工業用地の最低標準の70%で譲渡することが可能。北区ではムごとに5万元の補助金を交付することができる。

外資企業人材支援政策

威海市の関連支援策と同じ

外資企業金融支援政策

威海市の関連支援策と同じ

外資企業研究開発支援政策

威海市の関連支援策と同じ

通商産業

1.威海総合保税区の賃貸事務所を利用する会社に対して、賃料の「二免三減半」の支援策を講じる。
2.威海総合保税区の南区にある倉庫、置き場及び商品展示取引センターを利用する会社(利用する面積四千平米以下)に対して、総合保税区の国営会社が最恵価格で倉庫の「運営 サポート」サービスを提供して、三年間の賃料も免除することになる。賃貸面積が四千平米以上になる会社に対して、三ヶ月の賃貸保証金の交付を前提として、賃料の「二免三減半」の支援策を講じる。免除される金額の最上限は年間企業の地域経済に貢献する金額を超えないこと。
3.地域経済に貢献する金額は50万元以上、300万元以下になる企業に対して、運営日から連続三年間、企業が交付した地方級貢献金額を参考にして、80%の割合で補助金を受けることができる。地域経済に貢献する金額が300万以上になる会社に対して、運営日から連続五年間企業が交付した地方級貢献金額を参考にして、80%の割合で補助金を受けることができる。

プロジェクト名

越境EC産業チェンプロジェクト

プロジェクト主旨

威海総合保税区管理委員会は越境EC産業園を企画して、越境EC、サプライチェン金融、倉庫、物流、支払い、ルートサービスなどの全産業チェンのプロジェクトに向けて誘致する。

プロジェクト内容

(一)総合保税区は「五つのセンターと一つのプラットフォーム」を企画して、越境EC産業園区の構築に取り組んでいる。1.越境EC監督管理センターは保税監督管理センター、配達及び直接購入監督管理センター、国際郵便物の監督管理センターを含む。2.国際配達の一次輸送センター、企画面積約80ム。3.電子商取引の物流センターの一期目の面積6万平米;区外に企画された700ムの物流産業園もある。4.1.3万平米の越境電子商取引センターを建設。5.電子商取引の保税商品展示センターを建設して、全国における最大の日韓商品を中心とする国際商品卸売りと小売センターの構築へ。6.越境ECの総合サービスプラットフォームとネットショッピングモール。総合保税区の越境電子商取引企業と税関などの部門とのデーター共通を保障するためにワンステップのサービスを提供する。 (二)総合保税区の管理委員会は国内外の投資家の方に仕事と生活上のサーポトを提供する専門機構を設置した。また、当委員会は外国投資者が登録、建設、生産、経営等のプロセスで困っていることの解決に協力する。さらに、政策、法規と事務手続きの面におけるワンストップサービスを提供する。 (三)総合保税区で倉庫を自社で建設する場合には固定資産の金額が一定規模に達したら、関連標準に基づいて相応する生産型の利息免除政策を施行する。 (四)良質なプロジェクトが契約を結んだら、企業の代わりに政府が先に工場を建てておいて、数年に分けて企業側が分割払いで工場の所有権を買い戻せることができる。地方経済への貢献度によりある程度の経営支援を提供する。保税区内の既存工場を借りる場合には保証金の交付を前提として、契約の設立日から前の二年間は賃料を無料に、後の三年間は賃料を半額にすることになる。

プロジェクト名

威海総合保税区の保税展示取引センタープロジェクト

プロジェクト宗旨

保税展示取引センターは威海市区の先端にある大水泊鎮の中心部に位置している。外観には革新性、標識性、科学性があり、功能には画期的と包容性があり、地元経済のシンボルマークでもある。

プロジェクト内容

資金実力のあると市場開発の経験豊富な会社を導入して、総合保税区保税展示取引センターの企画運営に参入させ、国際的プチぜい沢品の展示取引センターと国際消耗品の展示取引センターの構築に取り組む。非特殊用途化粧品( 一般化粧品)の届け出制管理のチャンスをつかんで、韓国に対する優位性を利用して、関連するプロジェクトを積極的に誘致して、日韓化粧品の販売集積センターの構築に努める。

プロジェクト名

威海総合保税区電子情報産業プロジェクト

プロジェクト宗旨

威海総合保税区の南区に位置している当プロジェクトは区外の企画面積4.4万平米、区内の指定した保留面積15万平米になり、保税加工と保税倉庫のエリアに違うタイプの企業のニーズに満足させる工場、倉庫を建てる企画もある。

プロジェクト内容

日韓に向けて電子情報の関連企業を誘致して、特に集積回路設計、製造、塗装テスト原材料及び設備、高性能のルーターとスイッチなどネット通信設備の産業化したプロジェクトを含む。ほかに通信、フラットパネルディスプレイ、半導体、スマートデバイス、人工知能や仮想現実、コンピューター及びネット設備、クラウド コンピューティング、ユビキタスネットワーク、先端ソフトなど電子情報産業もある。