BUSINESSマッチングサイト 威海ナビ

文登区

面積及び位置関係

総面積1615平方キロ、威海市の中心部に位置。

人口数

総人口58万

交通状況

車で二時間以内の距離で開放港五つ、国際空港三つあり、高速道路が完備。

産業状況

1.機電工具産業、75社あり、主な製品は手動工具、電動工具など
2.自動車及び部品産業、41社あり、クランクシャフトなどの車部品を中心として展開
3.家庭紡績産業、43社あり、家庭用ホームテキスタイルなど
4.食品産業、75社あり、酒製造と乳業を中心製品としている。
5.非金属鉱産採用産業、33社あり、中心製品は食用塩、工業ガラスである。

商業施設

文登にある大型ショッピングモール三ヶ所、商店街6本、普通スーパーが市町村に普及されている。

教育施設

幼稚園39ヶ所、小学校23校、中学16校、高校5校、職業学校1校

GDP

2018年2月末発表されたGDPはRMB829億元

発展戦略

1.イノベーション駆動発展戦略をより有効的な実施、発展の新たな動力を後押しする。
2.経済発展のパターン転換を加速させ、現代的産業システムを構築する。
3.全方位的な対外開放を進め、発展の活力をさらに引き出す。

外資企業運営状況

外資企業179社あり、その中に韓国系企業120社で、2017年度の対外貿易輸出入額165億元に達した。

PRポイント

1.地理的に日韓に近くて、交通便利である。
2.区内には国際空港があり、市内までの距離は15分。
3.工業基盤がしっかりしていて、土地購入の価格が安い。
4.海に近くて、山もあり、温泉もあり、農産物、海鮮物が豊富で、生活しやすい環境である。

今後の展望

1.日本との関係をもっと深めて、特に企業間の交流を中心として、外商誘致の仕事に力を入れる見込みである。
2.地元の企業ニーズに基づいて、企業が求めている技術ノウハウを究明して、はっきりした目的性を持って、誘致の仕事を展開する。

外資企業支援政策

当年度に新設された国内企業が3000万元、5000万元、1億元の実物資産になった場合には稼動認定されてから、ぞれぞれ50万元、100万元、200万元の補助金を受け取ることができる。

外資企業土地支援政策

1.新しく導入された製造業プロジェクトに対して、関連法律規定に基づいて、優先的に土地を提供する。土地譲渡の価格を定める時に所在地の土地レベルに一致する工業用地の最低価格の70%で実施することができる。
2.工業用地の使用者に対して、一年以内に土地譲渡金額を分割払いにて交付する政策を実施する。
3.新しく導入された先端製造業プロジェクトに対して、既存の土地を活用して、製造業企業の自分自身の発展のために工場拡大及び補助施設の増設などに用いる場合、土地譲渡金額を免除することができる。市、区政府に認定された重大な産業プロジェクトに対して、工場建物と従業員の市営住宅などの方式で支援することができる。

外資企業金融支援政策

新設の外資企業あるいは既存の外国系企業が増資、生産拡大する場合には当年度の口座着金額が300万ドル、500万ドル、1000万ドルになるあるいは実物投資額が3000万元、5000万元、1億元以上に達した時、稼動認定されてから、ぞれぞれ50万元、100万元、200万元の補助金を交付する。

産業支援政策

投資総額が5億元に達した国内プロジェクト、5000万ドル以上になった海外投資プロジェクト(香港・マカオ・台湾を含む)及びほかの技術力が高くて、社会的インパクト評価がよい新技術、新産業、新業態、新モデルなどのプロジェクトに対して、重大な誘致プロジェクトとして連席会議で推進して、「ケースバイケース」で支援政策を提供する。

プロジェクト名

特色を持つパーク― 国際物流多方式複合輸送センター及び関連施設産業パーク

プロジェクト主旨

威海市の中心地に位置し、海陸空、鉄道や郵便の五つの面を一体化した発展をしており、また、現代物流の発展において優位性と条件を備えている。

プロジェクト内容

威海市文登区に位置しており、計画の敷地総面積は約507ヘクタールで、物流機能区と関連施設産業区という二つのエリアに分けられている。物流機能区の面積は約50ヘクタールで、コンテナ区、粗大や梱包貨物区、蔵置区や税関監督管理区などを備えている。他方、関連施設産業区の面積は460ヘクタールで、周辺にある竜山工業団地、環山工業団地、新素材産業パークなどの関連施設を考慮に入れながら産業パークをレイアウトしている。当パークの企業誘致の方向性として、大規模な輸出入製造企業、農産品コールドチェーン物流関連、保税蔵置物流関連、越境EC関連、物流のハブ施設などの企業が望まれている。  当パークは威海市の中心地に位置し、海陸空、鉄道や郵便の五つの面を一体化した発展をしており、また、現代物流の発展において優位性と条件を備えている。加えて、山東省成長モデル切り替えという重要政策の実施にあたっての重点プロジェクトでもあり、威海市都市国際化戦略の柱となるプロジェクトでもある。当パークは中央アジアやヨーロッパを結びつけ、韓国、日本を含めた東北アジアや東南アジアをカバーしている物流拠点の構築を目指している。

プロジェクト名

特色を持つパーク― 越境ECイノベーション産業パーク

プロジェクト宗旨

ネット通販による保税輸入、特殊地域による輸出、直送による輸入、一般貿易による輸出という四つの事業に取り組む。

プロジェクト内容

威海総合保税区に位置しており、計画の敷地面積は約67ヘクタールで、越境EC産業発展エリアと生活関連施設エリアに分けられている。全モデルの越境EC監督管理センター、国際速達の一次仕分けセンター、電子商蔵置センター、 電子商創業センター、電子商製品の保税展示販売センターや越境EC総合サービスプラットフォームからなる「五センターに一プラットフォーム」の構築に注力している。パークは、ネット通販による保税輸入、特殊地域による輸出、直送による輸入、一般貿易による輸出という四つの事業に取り組み、2年間で越境ECの輸出入額を45億元以上突破する見込みである。当パークを市に最も充実した機能、完備されたシステム、行き届いた支援策を揃えた越境EC体制の構築、そして東北アジアの物流ターミナル駅の実現、日韓製品が中国に入るゲートウエーや対外開放のための「とりで」にすることを目標に掲げている。

プロジェクト名

七里湯温泉開発プロジェクト

プロジェクト内容

威海市文登区米山路185号に位置している七里湯温泉は七里小学校と近隣し、区内の春和街を境として、東部は市街地改造区域、西部は商業住宅区域と温泉区域と企画された。当プロジェクトは2012年の末ごろ着工し始めて、元々威海錦輝不動産開発有限会社に開発され、建築面積54万5129平米、敷地面積15万3278平米、ビル37軒などと企画されたプロジェクトであった。現在、取得された土地面積は13万540平米で、建設中のビル18軒、面積27万3248平米ある。当プロジェクトの前期配置の仕事が基本的に完成されたけど、資金不足により、プロジェクトが停止された。今後、当プロジェクトの発展方向は温泉観光リゾートになると企画されている。

プロジェクト名

聖経山観光地プロジェクト

プロジェクト内容

聖経山観光地は山東省文登区葛家鎮の西北部に位置し、延べ8平方キロ、「海上仙山の祖」と呼ばれる昆嵛山脈の支脈に属し、国家3A観光地と評価された。現在、山東金日月旅行開発有限会社が投資開発を行い、全体の敷地9000ム(土地単位)の面積を三期に分けて開発されている。一期目の開発内容は入口の総合サービスエリア、行政商務センター、老子像観光地、東華宮、全真観、長春庵、契遇庵などの観光スポットが企画され、その中に東華宮、全真観、長春庵、契遇庵などのスポットが基本的に竣工され、既に試営業は始まっている。

プロジェクト名

湯泊温泉リゾート

プロジェクト内容

総企画面積6000ム(土地単位)3期に分けて開発されている。現在、温泉ホテル、温泉テーマパーク、国際会議センター、湖景色の別荘、高級レストラン、KTV会館、温泉ビジネスホテル、温泉プール、四季釣り場、ゲートボール場などの施設を竣工した。ほかの韓国会館、果物農園、ショッピングモール、遊園地、養生不動産などの関連施設は計画・建設中。全部の施設が完成できたら、省初の生態環境の国際温泉リゾートになる見込み。

募集企業名

XXX製薬

希望するパートナー企業

透析資材安定供給できる日本企業を探しております

投資内容

XXX企業XXX最新技術を独自に開発しており、商品化するには2億元の運転資金必要としています