BUSINESSマッチングサイト 威海ナビ

南海新区

面積及び位置関係

威海南海新区は山東半島の最も東端に位置し、威海市の南部に位置し、威海市南方向発展軸と環海発展帯の重要なノードに位置している。2007年3月に建設を開始し、国家戦略山東半島ブルー経済区の重点的に建設した海洋経済新区で、山東省第二回経済開発区体制の革新的な試行単位で、威海市の六大重点区域の一つで、威海市が重点的に作ったブルー経済新動能の集合区である。計画総面積は1798平方キロメートルで、核心の初歩区は160平方キロメートルで、管轄区域は247平方キロメートルである。東部は南海新港に頼って、臨港産業区を建設し;西部は生態資源に頼って、観光リゾートを建設し;中部は両河に囲まれて、総合ビジネスエリアを建設して、「中心支持、両翼が一斉に飛ぶこと」という大きな発展構造を形成して、現代化、生態化、国際化の浜海新都市を作ることに力を入れた。

交通状況

区内済威鉄道、都市間鉄道、高速道路、国際空港、開放港は全てそろって、鉄道、道路、航空、水上運輸の4つの一体の立体的な交通ネットワークが形成され、威海南部の重要な交通中枢となっている。
航空:2時間以内に3つの国際空港があり、全国の大部分の都市や日本、韓国、ヨーロッパなどに直行できる。車で30分ぐらい離れた威海国際空港は1時間に北京、上海、45分で韓国ソウルに到着できる。
港:2時間以内に青島や威海など5つの国の1種類の開放港があり、国内外への航路が密集している。建設中の南海新港の通過能力は2億トン級で、第1期には2万トン級の停泊地が既に運営されており、疎港鉄道をセットで建設して陸海連運送を実現する、中国大陸が韓国、日本に最も近い大規模な港湾である。
鉄道:莱栄高速鉄道は威海南海駅を建设し、烟台と30分、青島と1时间、済南と2時間の生活圏を建设し、北京まで4時間、上海まで6時間かかる。疏港鉄道はまもなく建設を始めて、桃威鉄道を連結し、東西を貫通し、南北を接続する。中欧のコンテナクラスを開通し、「一帯一路」への融合を加速させる。威海軌道交通は威海南海新区と中心都市区の急速な直通を実現し、多式聯通鉄道拠点センターを建設し、徐々に威海南海新区の新しい対外交通大動脈にに枠組みしていく。
道路:青威高速道路、栄烏高速道路を通って、それぞれ威海南海駅、南海新港駅を設立する;区内の「五縦四横」の基幹交通網の建設が完了した。

産業状況

革新的なキャリアを豊富にして自主孵化を強化する
国家級科学技術企業孵化器の青色創業谷、建築面積は36万平方メートルで、すでに約300社の科学技術型中小企業と研究開発機構に進出しており、電子情報、自動車電子、生物医薬、新エネルギー開発とコンピューターなど多くの分野に関わっている。 威海市人材育成基地、山東省創業模範区、共産主義青年団創業模範基地と評されている。 海洋の家、智谷コーヒーは省級と国家級の創造空間に選ばれた。
華山金嶋双創孵化産業園は、建築面積が28万平方メートルで、双創促進、全過程訓練、科学技術成果取引展示、投資融資、新興産業移転、企業上場孵化、文化貿易サービスが一体となっている。

教育施設

幼児教育から大学、さらに国際教育まで「すべてをかける」教育システムを構築して、北京交通大学(威海)、中アルミニウム大学(威海)、北交大ロチェスター工科大学、北交大ランカスター大学など国内外の大学を導入して、韓国仁川大学の韓国語学堂を設立した。威海南海新区の愛基金会の支援を受けて、就学前から高校まで15年間「普恵制」の無料教育を実現した。

プロジェクト名

特色を持つパーク― グラフェン産業パーク

プロジェクト主旨

グラフエンや特殊炭素素材を原材料とする製品の研究・開発、生産及び販売を中心に、グラフエン関連製品を携わる企業の成長を牽引することを目標に掲げている。

プロジェクト内容

国家戦略山東半島ブルー経済区における重点海洋経済新区の一つである南海新区に立地している。中心地域は竜海東路の東、現代路の北、玉澤路の南、竜泰路の西に位置し、敷地総面積は2.2平方キロである。パークの建設工事が順調に進められ、道路、水道、電気、暖房や通信などのインフラ設備がすでに完備されている。当パークはグラフエンや特殊炭素素材を原材料とする製品の研究・開発、生産及び販売を中心に、グラフエン関連製品を携わる企業の成長を牽引することを目標に掲げている。2016年に、威海南海炭素素材有限会社がリーディングカンパニーとして産業パークに根付き、資本金は1億2000万元で、炭素素材の生産や加工に専念している。同年6月に炭素繊維技術の研究・開発を目的に、威海南海炭素素材技術研究院有限会を設立した。合わせて、国内外の専門家30名を呼び込み、すでにいくつかの特許を取得済みである。現在、年間生産量200万平米の燃料電池プロジェクトはすでに操業し始め、年間生産量200トンの高純度グラフエンプロジェクトの工場はすでに建設完了し、今は設備の取り付けを控えている。

プロジェクト名

威海港南海港区のインフラと補助工事プロジェクト 威海港南海港区5万トン級通用泊位、5万トン級航路工事

プロジェクト内容

5万トン級の通用泊位を2つ建設し、岸線長521メートルで、計画年に333万トンを通過する。 5万トン級の一方航路を15キロ建設し、設計有効幅が150メートルで、設計の下標高が -12メートルで、航路の両側に19セットの補助浮標を交互に設置して誘導運航を行う。 威海港南海港区のLNG泊位及び受信基地プロジェクト 当工事の総投資額は約60億元で、張家埠新港作業区内に位置し、主に15万トン級LNG泊位が2つとそれに付属する防波堤、航路と受信所などの施設を建設する。 威海南海新区疎港鉄道 建設路線は全長34.13キロで、舗集、南海、前島の三つの駅を設置し、港集疎運送能力を強化し、港、工業区と広大な内陸腹地とのつながりを推進し、地域資源の優勢を産業優勢と経済優勢に転換し、低炭素経済と持続可能な発展を実現した。 威海港南海港区は3万、5万トン級の液体散荷泊位 3万、5万トン級の液体散荷泊位を一つずつ建設し、埠頭岸線が525メートル長で、計画に年間には能力500万トンを通過した。 プロジェクトが完成した後、地方経済に牽引作用があり、間接的に関連産業経済の発展を促進し、地域競争力を向上させる。

プロジェクト名

威海南海新区臨港倉庫物流センタープロジェクト

プロジェクト内容

プロジェクトの総敷地規模は約1000ムーで、総建築面積は約40万平方メートルで、倉庫配送センター、コールドチェーン物流、貨物駅場と展示取引センターを一体とした現代総合物流産業園を建設する計画である。

プロジェクト名

電子情報産業園プロジェクト

プロジェクト内容

このプロジェクトは敷地面積が600ムーで、第一期の敷地面積が257ムーで、30万平方メートルの工場を建設して、知能加工企業を誘致して、知能加工企業が集まって、ハイテク集約型の産業園を建設する。

プロジェクト名

南海新区医療康養プロジェクト

プロジェクト内容

このプロジェクトは1000ムーの敷地面積を計画し、総投資額が100億元で、南海新区の美しい自然風景、良好な生態環境に頼り、全国一流の康養町を建設し、主に康養施設、三甲病院などの生活、サービス、補助施設を建設する。

プロジェクト名

華山金嶋双創孵化園

プロジェクト内容

威海藍創建設投資有限会社が14億元の建設に投資され、総建築面積は28万平方メートルで、双創推進、全過程訓練、科学技術成果取引展示、投資融資、新興産業移転、企業上場孵化、文化貿易サービスが一体となった革新創業キャリアサービスプラットフォームであり、同時に省級重点建設プロジェクトでもある。 14棟の建物が集中的に建設され、商業ビル、一軒総合ビル、高層総合ビル、科学技術企業加速器、マイクロ企業園、中試プラットフォームなどのビルが含まれている。